NISSIN DIAry

日新ダイヤの日常や気が付いた事等、仕事以外の事をアップしていきます!! 激励のコメント 等お待ちしてします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!東京オリンピック開催

2020年夏の東京でのオリンピック、パラリンピックの開催が8日早朝に決まり、
日本列島は歓喜に包まれた。
この開催をめぐりスペインととも“ライバル”となった
トルコの人々の行動がネット上で感動を呼んでいる。

20年の開催都市には東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補。
IOC委員による決選投票の末、東京での56年ぶりの開催が決まった。

ツイッターでも決定後多くの日本人が喜びの言葉を上げ感動を分かち合ったが、
その後さらに感動的なことが起こった。

世界のトレンドワードに「Tebrikler Tokyo」との言葉が入ったのだ。
意味はトルコ語で「おめでとう東京」。

トルコの人々からの日本への祝福だ。
トルコ語で「トルコは日本の友人です」との言葉や日本語による「東京おめでとう」
との祝福も見られた。

もともと親日国として知られるトルコだが、
落選してすぐに相手国の開催を祝うことは簡単なことではないだろう。
この話がネット上で広がると「かなり感動した」「オリンピックが決まったことよりうれしい」等
トルコへの感謝を述べるツイートが数多く寄せられた。
東スポWeb

tokyo2020.jpg

しかし、なぜトルコの人々が日本の事をよく想ってくれるのか。
昔、トルコと日本の間にこんな事があったのを、ご存知だったでしょうか。



このエルトゥールル号の話は、トルコ国民は皆知っている話だそうです。
日本人は、どれだけの人が知っているのでしょうか。

今後、日本がグローバル化になっていくには、従来の日本国内の歴史より
海外との歴史関係をもっと伝えていくべきでは?

知らないがゆえに、今までも相手国対して失礼な対応をしているのかも。

東京オリンピック2020開催!嬉しいですが、浮かれすぎないで
このような所にも、注目してほしいものです。
tokyo2020_2013090905234590f.jpg

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nissindia1968blog.blog41.fc2.com/tb.php/191-03f8bc91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。