NISSIN DIAry

日新ダイヤの日常や気が付いた事等、仕事以外の事をアップしていきます!! 激励のコメント 等お待ちしてします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを知っている人は、コアなAppleファン。

現在に至っては普通にタブレット端末を使用するように
なってきました。

しかしながら、昔からApple社を支持してきた人たちから見ると、
iPhone・iPadの前身とも言うべき端末が
一度は脳裏を過ったのではないでしょうか。

その名は「ニュートン・メッセージパッド」。

ニュートン

1993年~98年まで発売された世界発のPDAですが
残念ながら時代が早すぎ、価格が高すぎた。

十分な成功を収めないまま終わりました。

ちなみにPDA(Personal Digital Assistant)という言葉も
当時のApple社のCEOだった
ジョン・スカリー氏による造語です。

しかし、ニュートンの技術は無駄にはなっていなかった?

というのも、Apple社がコンピュータ以外の事業に乗り出して
大成功させた音楽プレイヤー「iPod」。
これに使われているOSはニュートン開発に携わった
Pixo社によるものだとされています。

『失敗は成功のもと』と言いますが、
まさにメーカーのこだわりが独自の製品として、
その後のiPhone・iPadと成功という形に
繋がっていったのではないでしょうか。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nissindia1968blog.blog41.fc2.com/tb.php/172-5fae49b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。