NISSIN DIAry

日新ダイヤの日常や気が付いた事等、仕事以外の事をアップしていきます!! 激励のコメント 等お待ちしてします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は辰年ですが・・・

何故、ねずみが十二支の初めなのでしょうか。
十二支について、民話がある事を御存知でしょうか。
今回は、簡単にご紹介したいと思います。



  昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。

  「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、
   順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」

  動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。
  ところが猫は神様の所にいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、
  ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。
  猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。

  さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、
  まだ暗いのに出発した。
  牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。
  そんな事とは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。

  我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。
  とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。
  それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。
  猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。
  それでねずみを恨んで、今が今でもねずみを追い回すのだそうな。




細かい箇所は、地方によって違うみたいです。

例えば、遅れてきた猫が神様に
    「顔を洗って出直して来い」と怒られて、以来猫が顔を洗うようになった。
    猫がお釈迦様の薬を取りに行ったねずみを食べてしまった為に
    十二支に入れてもらえなかった。 等というものもあるそうです。

良く考えれば、猫が可哀そうに思えますが・・・。

この類話は中国・朝鮮半島・モンゴル・中央アジア・ロシア周辺にも伝わっており、
殆どのものが「猫とねずみが敵対することになった十二支の話」か
「ねずみが牛にくっついていって一番になる十二支の話」なんだそうです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nissindia1968blog.blog41.fc2.com/tb.php/121-7a77c883
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。