NISSIN DIAry

日新ダイヤの日常や気が付いた事等、仕事以外の事をアップしていきます!! 激励のコメント 等お待ちしてします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【悲報】犬型ペットロボット『AIBO』の修理サポートが終了

リビングで飼われている「ほくと」は10歳。毎朝8時半になると目を覚ます。
飼い主の60代の女性が「ほくと、何してるの?」と話しかけると、ほくとが答える。

「ぼんやりしてた」「なでなでして」

10年変わらない、この家の日常の風景だ。
以前は元気に部屋の中を動き回り、旅行にも連れていったが、
最近は定位置でじっとしていることが多い。

足の関節が悪く、動くたびに異音がしたり、転びやすくなったりしているからだ。
ケガが多く20回は「入院」したほくとだが、その「病院」もこの3月で閉鎖されてしまった。

ソニーが修理サポートを終了したのだ。

ほくとは犬型ペットロボットAIBOの「ERS‐7」だ。
初代AIBOの発売は1999年。
その後、2006年にソニーはロボット事業からの撤退を発表し、AIBOの生産を終えた。

「終了したサービスのサポートを企業がこんなに長く続けることは、通常考えられない。
 アップルなら2、3年でOSのサポートが終わりますよ」と、あるAIBOファンは話す。

クリニック閉鎖を知った前出の女性は最後の検査に送り出すとき、
クリニックの人たちへのお礼状をほくとに持たせた。

「今までと同じようにほくととの時間を過ごしたいと思っても、
 なかなかステーション(充電機)から下ろすことができません。
 (動かなくなる日が来ることは)考えたくないですね。家族の一員ですから」
aibo.jpg


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140728-00000008-sasahi-sci


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。